本文へスキップ

飯能地区剣道連盟会長挨拶Greeting

飯能地区剣道連盟がめざす剣道ついて

 飯能地区剣道連盟は、戦後、GHQにより禁止されていた剣道が、復活の兆しがあるや、時代を先取りし、かねてより剣道に情熱を燃やしつつあった剣士に呼び掛け、昭和27年5月3日、県下に先駆けて飯能剣友会として創立、昭和28年には、埼玉県剣道連盟の発足と同時に飯能・日高・名栗を併せて、飯能支部となりました。

 発足時には、有段者が二十数名と聞いておりましたが、現在では有段者会員(中学、高校生は除く)百二十数名を有し、特に六段以上の高段者は、県下でも五指に入る会員数を有しております。
 このような歴史ある飯能地区剣道連盟では、日本の文化でもある剣道を後世に伝えるべく、日々様々な事業を実施しています。飯能・日高剣道祭、剣道級審査会、青少年剣道練成会、剣道教室等の開催を通じて、子供から大人まで、広く剣道に親しんでもらい、剣道を生涯にわたっての自己研鑽の方法として活用してもらえるよう活動をしております。

 平成24年から、剣道が中学校の正課のひとつとして取り入れられていることもあり、学校教育における剣道の有用性も今後認知されていくと思われます。一方、人口の高齢化に伴い、第二の人生における趣味や生きがい、或いは健康維持のための方法として剣道に親しむ、所謂、生涯剣道も、今後の剣道のあり方として重要になってくると思います。
 飯能地区剣道連盟は、剣道の有用性、文化的価値を広く社会に継承すべく、今後も努力していきます。

About The Kendo of Hanno

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

埼玉県飯能地区剣道連盟

問い合わせ先

hanno.kendo@gmail.com